愛知県刈谷市にある『さかい歯科』は歯周病・インプラント・歯周病・ホワイトニングなど街の歯医者さんです。

さかい歯科 刈谷市 歯周病
診療のご案内 刈谷市 歯科 歯周病
一般歯科
歯周病
小児歯科
インプラント
審美歯科・ホワイトニング
カルデント義歯
患者様広場 刈谷市 歯科 歯周病
初めての方へ
患者様の喜びの声
よくあるご質問
院長コラム
さかい歯科のブログ
さかい歯科について 刈谷市 歯科 歯周病
診療時間・アクセス
院長ご挨拶・                  スタッフ紹介
院内紹介
ご予約フォーム
インフォメーション 刈谷市 歯科 歯周病
求人案内
リンク集
お問い合わせフォーム
contact 刈谷市 歯科 歯周病

院長コラム 歯科 歯周病 インプラント
                                  院長コラム

     このページでは、院長からみなさまへ治療に関する事から、
   医院でのできごとなど様々な情報を不定期で掲載していきます。

タイトル 更新日
親が知らないから親知らず 2009/11

 顔の中心から□の奥の方に数えて8番目の歯を「親知らず」といいます。
正式には、「智歯(ちし)」または、「第3大臼歯(だいきゅうし)」といいます。
「親知らず」が生えてくる20歳前後の年齢では、親は子供の口の中の状態を知らない、「親が知らない」から「親知らず」といわれるようになったそうです。
特に昔は平均寿命が短く、子供に「親知らず」が生える頃には、親が亡くなっていることも多く、親が知ることができなかったそうです。
 「親知らず」の生え方には個人差があり、あごの中にもぐったまま生えてこない人、途中までしか生えてこない人もいれば、4本すべてが生えてくる人もいます。正常に生えてこない場合や生え始めの頃は、「親知らず」と歯肉の境目に食べカスがつまったり、ブラッシングが不十分になったりしがちです。
フラッシングのポイントは、口をあまり大きくあけずに、歯列に対して斜め45度から歯ブラシを入れて、小さく動かして磨くことです!ブラッシングが上手くできないと、「親知らず」の周りの歯肉が腫れる「智歯周囲炎」を起こしたり、虫歯になったりすることがありますので、痛みや腫れを起こしたらすぐに歯科医院で診てもらうようにしましょう!

COPYRIGHT(C)2007 刈谷市の虫歯・歯周病治療 さかい歯科 ALL RIGHTS RESERVED.